芸能・音楽・テレビ・映画・アニメなどのエンタメ情報 ネットで話題のニュース、面白ネタ、役立つ情報など 今、話題になっている「トレンドニュース」に関する口コミ速報記事まとめ

すぐ読める!!最新トレンド口コミニュース速報まとめ

ヘッダー記事前


宮城では300人に被害! 遺伝子も変化!?【危険!!過去最大2016年新型ノロウイルス!?】予防方法&特徴&症状まとめ 

更新日:

2016年の新型ノロウイルス

人間が免疫を持たない新型の流行に伴い、
感染経路をチェックして消毒やマスクによる予防に徹することが重要です。

【そもそもノロウイルスとは?】
ノロウイルスは毎年11~1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
主にヒトの手指や食品などを介して感染し、おう吐、下痢、
腹痛などの症状を引き起こします。

ノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはなく、
特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、
肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるので注意が必要です。

またノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者の吐物やふん便中に含まれる
数百万~数億個のうち、わずか10~100個程度で感染すると言われています。

このように非常に強力なウイルスとして知られ、少量でも感染能力があるばかりか、
今年主流となっている新型ノロウイルスは、
過去に一度ノロウイルスに感染していても免疫がつかず、何度でも感染する可能性があります







宮城では2つの幼稚園と小学校1校で、園児や児童など合わせて300人余りが、
相次いでおう吐や下痢などの症状を訴え、一部の人からノロウイルスが検出されました。

宮城県などは、集団感染と見て調べるとともに、
食事の前やトイレのあとに手洗いを徹底するよう呼びかけています。
仙台市や宮城県によりますと、仙台市泉区の幼稚園で、14日から16日にかけて、
園児と職員合わせて101人が、相次いでおう吐や下痢などの症状を訴えました。

また石巻市では、幼稚園で今月2日から16日までに園児と教職員合わせて73人が、
また小学校でも今月8日から15日までに児童と教職員合わせて137人が、
それぞれ下痢などの症状を訴えました。

患者は合わせて311人に上り、いずれも症状は軽く、
回復に向かっているということです。

一部の人からはノロウイルスが検出され、
県などは、集団感染と見て感染経路などを調べています。

宮城県内では、ことし9月から16日までに、ノロウイルスによると見られる集団感染が、
去年の同じ時期のおよそ3倍に当たる35件報告され、特に今月に入ってから急激に増えているということです。

宮城県などは、食事の前やトイレのあとにはせっけんを使ってよく手を洗い、
患者が出た施設や家庭では、消毒を徹底するよう呼びかけています。

【予防のための5つのポイント】
1.誰でもかかる可能性がある(とくに11月末から1月末が流行のピーク)
2.手洗い、うがい、マスクの習慣化
3.流行状況を把握する
4.経口補水液を事前に常備する
5.流行する季節には、貝類などの生食あるいは調理不十分な食べ物を控える







【新型ノロウイルスの特徴】
・ ウイルスがとても小さい
・ 潜伏期間が短い
感染力が非常に高い
現時点では免疫を持っている人がほとんどいない
・ 検査をしても出てこない
石鹸やアルコール消毒は効かない

【発生時期はいつ頃?】
感染性胃腸炎は例年10月頃から増え始め、12、1月に流行のピークをむかえます。

嘔吐と下痢がおもな症状 ノロウイルスは感染すると、
24~48時間ほどの潜伏期間を経て感染症や食中毒を発症すると言われています。

食中毒の場合は前日か前々日の食べ物が原因と考えられます。
おもな症状は吐き気、嘔吐、腹痛、下痢があげられ、37~38度ほどの発熱があります。皆さんも気をつけて!!



フッター記事下


-ニュース, 知識

Copyright© すぐ読める!!最新トレンド口コミニュース速報まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.